ウィンク

しあわせが降り注ぐ合図

一度きりの人生転がるように

12月も始まって8日目ですが、世間よりも一足早く2014年に別れを告げさっそく2015年へとダイブしたい気持ちでいっぱいでございます。
一度転がってしまったら最後。ぐんぐんスピードを上げて気付いたら引き返せないところまで来てしまう無計画さには呆れるけれど自分のそういうところは嫌いじゃなかったりします。バンザイ!
ことの発端は12/1に嵐のあいばくん主演の「MIRACLE デビクロくんと恋の魔法」を鑑賞したことだと思われます。なぜ12/1だったのかというとたまたま予定がなかったのと最寄りの映画館のファーストデー、つまり1000円で鑑賞できるお得な日だったからです。手広いおたくは常にお金がないのです。ついでに白状しておくとあちこちであいばくんが宣伝していることは把握していましたが前売り券も買っていない不届き者でありました。映画って封切りから日が経つとすぐ上映時間の選択肢なくなるし次いつ行けるかもわからないし、とにかく観るならこの日しかなかったのです。

 

感想はこの通りです。

号泣しました。大大大号泣です。

 


こんなの感想とはいえないね。大丈夫今は冷静だよ。

 

 

 



そしてわたしは思いました。

 

 

 


「MIRACLE」*1の舞台挨拶に行きたい。なんとしてでも行きたい。
あいばくんがこの作品について思っていることを目の前で聞きたい。
光くん(スクリーンのなか)と映画館に降り立つあいばくん(実物)のギャップを体感したい。

 
もう行くしかないし、行こう。

 


とはいえ。自分の住む関西圏での舞台挨拶は先週梅田で行われていたことは知っていました。

 

 

ヤ  バ  イ 出 遅 れ た 。 

 


しかし最近の映画は何度も舞台挨拶をやるのが普通です。まだ公開して間もないし絶対もう何度かあるはず。
目をこすりながらiphoneの画面をつらつらスクロールしているとなんと週末に名古屋で舞台挨拶があるとのこと!

 

 

ッシャー!近い!*2助かる!*3

3日申し込み〆で4日に当落、当日が6日とは遠征組への配慮0だね*4

OK全部そちらに合わせますありがたいです

本人不在のパブビューでもチケットがとれない時代ですが、わたしはすっかり行くつもりでいました。


思ったより長くなったので次回続きます。

*1:公式の略称はこれなんだねカウンターでデビクロくんって言っちゃってなんともいえない恥ずかしさ

*2:ジャニヲタ的感覚

*3:さすがに札幌福岡あたりだときついから東京名古屋あたりで頼む!という私の願いが天に通じたか!神!

*4:勝手に遠征してるだけ